読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GNU AutoconfとGNU m4のインストール

概要

GNU Autoconfはシステムに最適化したconfigureファイルを生成するプログラムです。m4に依存しています。m4はUNIX系システムに標準で付属するマクロプロセッサです。GNU m4はm4 SVR4版にいくつかの機能拡張が施されています。

どちらのインストールも、./configure → make → (make check) → make installで簡単に完了します。



検証環境

CentOS release 5.6 (Final)
m4 (GNU M4) 1.4.15
autoconf (GNU Autoconf) 2.68



m4のインストール

GNU m4のHPからソースコードをダウンロードして、インストールします。make checkはGNU m4を正常にコンパイルできたかを確認します。make installする前にmake checkしておくとよいでしょう。

# cd /usr/local/src
# wget http://ftp.gnu.org/gnu/m4/m4-1.4.15.tar.gz
# tar zxvf m4-1.4.15.tar.gz
# cd m4-1.4.15
# ./configure --prefix=/usr
# make
# make check
# make install

./configureが設定するデフォルトのインストール先は/usr/localディレクトリです。

# ./configure --help
...
Installation directories:
  --prefix=PREFIX         install architecture-independent files in PREFIX
                          [/usr/local]

一方、もともとのm4は

# which m4
/usr/bin/m4

にあるので、--prefix=/usrを指定することにより、これに準じたインストール先に変更しています。



autoconfのインストール

GNU AutoconfのHPからソースコードをダウンロードして、インストールします。

# cd /usr/local/src
# wget http://ftp.gnu.org/gnu/autoconf/autoconf-2.68.tar.gz
# tar zxvf autoconf-2.68.tar.gz
# cd autoconf-2.68
# ./configure --prefix=/usr
# make
# make check
# make install