読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Snow Leopardを64bitカーネルで起動する

Snow Leopardは64bitカーネルでの動作に対応していますが、デフォルトでは32bitカーネルで起動*1するようになっています。

Snow Leopardを64bitカーネルで起動するには以下の方法があります。

32- or 64-bit Kernel Startup Mode Selectorは32ビットで起動するか64ビットで起動するか、GUIで選択できるアプリです。起動するカーネルの切り替えと共に、使っているプロセッサとEFIの状態も表示してくれます。

*1:Xserveだけは例外で、最初から64bitカーネルで起動するようになっています。