読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

neobundle.vimでVimのプラグインを管理する

neobundle.vimの導入

GitHubからcloneするだけで導入できます。

$ git clone https://github.com/Shougo/neobundle.vim ~/.vim/neobundle.vim.git



プラグインの管理

~/.vimrcに以下の行を追加します。

 1 filetype off 
 2 
 3 if has('vim_starting')
 4   set runtimepath+=~/.vim/neobundle.vim.git
 5   call neobundle#rc(expand('~/.vim/.bundle'))
 6 endif
 7 
 8 NeoBundle 'Shougo/unite.vim'
 9 NeoBundle 'Shougo/neocomplcache'
10 NeoBundle 'thinca/vim-ref'
11 
12 filetype plugin on
13 filetype indent on
4行目
runtimepathにneobundle.vimをインストールしたディレクトリを指定します。
5行目
プラグインをインストールする基準となるパスを指定します。
8行目〜10行目
インストールするプラグインを列挙します。



NeoBundleコマンドの使い方

GitHub上のリポジトリから取得する。

NeoBundle 'user_name/repository_name'

vim-scripts上のリポジトリから取得する。

NeoBundle 'script_name'

それ以外のリポジトリから取得する。

NeoBundle 'git://repository_url'
NeoBundle 'http://svn.macports.org/repository/macports/contrib/mpvim/'
NeoBundle 'https://bitbucket.org/ns9tks/vim-fuzzyfinder'

実験段階ながら、MercurialSubversionにも対応しているそうです。



プラグインのインストール

:NeoBundleInstallコマンドを実行すると、.vimrcに設定したプラグインが自動的に取得され、インストールまで行われます。

:NeoBundleInstall

プラグインのアップデートには:NeoBundleInstall!コマンドを実行します。通常のNeoBundleInstallコマンドではアップデートが行われません。

:NeoBundleInstall!

不要になったプラグインを削除するには、:NeoBundleの設定を.vimrcから削除した後、:NeoBundleCleanコマンドを実行します。

:NeoBundleClean