読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

統合監視ソフトウェア『Zabbix』のインストール

ZABBIX-JPリポジトリの登録

# rpm -ivh http://www.zabbix.jp/binaries/relatedpkgs/rhel5/i386/zabbix-jp-release-5-3.noarch.rpm

ZABBIX-JPリポジトリの標準設定では1.6系が選択されているため、1.8系に切り替えます。

# alternatives --config zabbix-jp-release

4 プログラムがあり 'zabbix-jp-release' を提供します。

  選択       コマンド
-----------------------------------------------
   1           /usr/share/zabbix-jp-release/zabbix-jp-1.1.repo
   2           /usr/share/zabbix-jp-release/zabbix-jp-1.4.repo
*+ 3           /usr/share/zabbix-jp-release/zabbix-jp-1.6.repo
   4           /usr/share/zabbix-jp-release/zabbix-jp-1.8.repo

Enter を押して現在の選択 [+] を保持するか、選択番号を入力します:4

念のため、yumのキャッシュを削除しておきましょう。

# yum clean all

Zabbixサーバーのインストール

Zabbixエージェントのインストール

# yum install zabbix zabbix-agent

Zabbixエージェントには単独で動作するzabbix_agentdと、xinetd経由で動作するzabbix_agentの二種類が存在します。zabbix_agentにはいくつか機能上の制限があるため、基本的にはzabbix_agentdの使用が推奨されています。ここでもzabbix_agentdの使用を前提に話を進めます。

設定ファイルを更新します。

# vim /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf
FILE: /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf

--- zabbix_agentd.conf	2011-04-07 12:29:26.000000000 +0900
+++ zabbix_agentd.conf	2011-04-11 21:50:34.000000000 +0900
@@ -82,7 +82,7 @@ LogFileSize=0
 # Default:
 # Server=
 
-Server=127.0.0.1
+Server=192.168.10.10
 
 ### Option: Hostname
 #	Unique, case sensitive hostname.
@@ -92,7 +92,7 @@ Server=127.0.0.1
 # Default:
 # Hostname=system.hostname
 
-Hostname=Zabbix server
+Hostname=web01.tetsuyai.com
 
 ### Option: ListenPort
 #	Agent will listen on this port for connections from the server.
@@ -109,7 +109,7 @@ Hostname=Zabbix server
 # Default:
 # ListenIP=0.0.0.0
 
-ListenIP=127.0.0.1
+ListenIP=192.168.10.19
 
 ### Option: DisablePassive
 #	Disable passive checks. The agent will not listen on any TCP port.

Zabbixエージェントを起動します。

# /etc/rc.d/init.d/zabbix-agent start

ステータスを確認し、「実行中」と表示されればZabbixエージェントは正常に起動しています。

# /etc/rc.d/init.d/zabbix-agent status
zabbix_agentd (pid 2967 2966 2965 2964 2963 2961) を実行中...

ここまででZabbixエージェントのインストールは完了です。必要に応じて、Zabbixエージェントが自動起動するように設定します。

# chkconfig zabbix-agent on

次のコマンドでZabbixエージェントの起動/停止/再起動/ステータス表示ができます。

# /etc/rc.d/init.d/zabbix-agent start
# /etc/rc.d/init.d/zabbix-agent restart
# /etc/rc.d/init.d/zabbix-agent stop
# /etc/rc.d/init.d/zabbix-agent status