読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Zabbixエージェントのインストール

概要

Zabbixの監視対象とするノードに、Zabbixエージェントをインストールします。



構成

CentOS release 5.6 (Final)



ZABBIX-JPリポジトリのインストール

ZABBIX-JPリポジトリをインストールします。

# rpm -ivh http://www.zabbix.jp/binaries/relatedpkgs/rhel5/i386/zabbix-jp-release-5-3.noarch.rpm

ZABBIX-JPリポジトリの標準設定では1.6系が選択されているため、1.8系に切り替えておきます。

# alternatives --config zabbix-jp-release

4 プログラムがあり 'zabbix-jp-release' を提供します。

  選択       コマンド
-----------------------------------------------
   1           /usr/share/zabbix-jp-release/zabbix-jp-1.1.repo
   2           /usr/share/zabbix-jp-release/zabbix-jp-1.4.repo
*+ 3           /usr/share/zabbix-jp-release/zabbix-jp-1.6.repo
   4           /usr/share/zabbix-jp-release/zabbix-jp-1.8.repo

Enter を押して現在の選択 [+] を保持するか、選択番号を入力します:4



Zabbixエージェントのインストール

リポジトリの優先順位付けにyum-prioritiesを使っています。ここでは優先順位を無視してすべてのリポジトリから最新のパッケージを探させるため、--disableplugin=prioritiesを指定しています。

# yum --disableplugin=priorities install zabbix zabbix-agent

zabbix_agentd.confを編集します。

FILE: /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf

--- /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf	2011-07-25 19:16:27.000000000 +0900
+++ /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf	2011-07-25 22:21:06.000000000 +0900
@@ -82,7 +82,7 @@ LogFileSize=0
 # Default:
 # Server=
 
-Server=127.0.0.1
+Server=<ZabbixサーバーのIPアドレス、またはホスト名>
 
 ### Option: Hostname
 #	Unique, case sensitive hostname.
@@ -92,7 +92,7 @@ Server=127.0.0.1
 # Default:
 # Hostname=system.hostname
 
-Hostname=Zabbix server
+Hostname=<監視対象のノードのホスト名>
 
 ### Option: ListenPort
 #	Agent will listen on this port for connections from the server.
@@ -109,7 +109,7 @@ Hostname=Zabbix server
 # Default:
 # ListenIP=0.0.0.0
 
-ListenIP=127.0.0.1
+ListenIP=<監視対象のノードのIPアドレス、またはホスト名>
 
 ### Option: DisablePassive
 #	Disable passive checks. The agent will not listen on any TCP port.
@@ -234,3 +234,17 @@ Include=/etc/zabbix/zabbix_agentd.d/
 # Mandatory: no
 # Default:
 # UserParameter=



Nginxの監視



MySQLの監視