読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SWF出力ライブラリ『Ming』

Ming 0.4.3
Ubuntu -
Amazon Linux release 2011.02.1.1 (beta)

インストール for Ubuntu

Ming
# cd /usr/local/src
# wget http://jaist.dl.sourceforge.net/sourceforge/ming/ming-0.4.3.tar.gz
# tar zxvf ming-0.4.3.tar.gz
# cd ming-0.4.3
# ./configure

ここで「bisonを入れろ」と怒られたので、bisonをインストールします。

# apt-get install bison
# ./configure

ここで「flexを入れろ」と怒られたので、flexをインストールします。

# apt-get install flex
# ./configure

正常に終わると、config summaryが出力されます。GIFサポートが無効になっていたので、GIFライブラリをインストールします。

# apt-get install libgif-dev
# ./configure

正常に終わりました。GIFサポートも有効になりました。

# make
# make install

インストールが終わりました。

# png2dbl

png2dblコマンドを試したところ、libming.soが読めないと怒られます。

# cp -a /usr/local/lib/libming.* /usr/lib
# png2dbl

必要なライブラリを/usr/libディレクトリにコピーする(今なら、ファイルをコピーする代わりに、/usr/local/libディレクトリをライブラリロードパスに追加すると思います)と、png2dblコマンドの使い方が表示されました。

ming-ruby
# cd /usr/local/src
# wget http://rubyforge.org/frs/download.php/44137/ming-ruby-0.2.1.tar.gz
# tar zxvf ming-ruby-0.2.1.tar.gz
# cd ming-ruby
# ruby setup.rb

続けてming-rubyをインストールしました。

インストール for Amazon Linux

Ming
# cd /usr/local/src
# wget http://sourceforge.net/projects/ming/files/Releases/Ming%200.4.3/ming-0.4.3.tar.gz/download
# tar xvf ming-0.4.3.tar.gz
# cd ming-0.4.3
# ./configure
Config summary: 
  C++ enabled
  Perl extension disabled
  PHP extension disabled
  Python extension disabled
  Tcl extension disabled
  ZLIB enabled (-lz)
  Freetype library enabled (/usr/bin/freetype-config)
  GIF library enabled (-lungif)
  PNG library enabled (-lpng)

Ubuntuにインストールしたときと同じURLでwgetしようとすると、あちこちリダイレクトされた挙げ句、おかしな名前のファイルがダウンロードされます。中身は正しいのかもしれませんが、なんだか気持ちが悪いので、URLを指定し直しました。

# make
# make install

インストールが終わりました。

# png2dbl
png2dbl: error while loading shared libraries: libming.so.1: cannot open shared object file: No such file or directory

png2dblコマンドを試したところ、libming.so.1が読めないと怒られます。

# ls -1 /usr/local/lib/libming.*
/usr/local/lib/libming.a
/usr/local/lib/libming.la
/usr/local/lib/libming.so
/usr/local/lib/libming.so.1
/usr/local/lib/libming.so.1.4.2
# cat /etc/ld.so.conf
include ld.so.conf.d/*.conf
/usr/lib
/usr/local/lib

libming.so.1は/usr/local/libディレクトリにインストールされています。/etc/ld.so.confを確認すると、/usr/local/libディレクトリはすでにロードパスに指定されていました。

# ldconfig
# png2dbl
png2dbl - convert a png file to an SWF DefineBitsLossless
          or DefineBitsLossless2 block

Usage: png2bmap [--verbose] <file.png>
where file.png is your png file.  Writes to file.dbl.

ldconfigコマンドでライブラリを読み直すと、png2dblコマンドの使い方が表示されました。

ming-ruby

続けてming-rubyをインストールしました。手順はUbuntuにインストールしたときと同じなので、省略します。