読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アマゾンウェブサービス クラウドアドバンテージセミナー

本日、ベルサール汐留で開催された『アマゾンウェブサービス クラウドアドバンテージセミナー』に参加してきました。主な目的は、昨今のソーシャル&ウェブサービスにおいて、AWSがどういう位置付けでどの程度使われているのか、を聴くためです。また先日リリースされた東京リージョンの評判も聞いてみたいと思っていました。

クラウドがもたらす新潮流 -「黒船」をビジネスに生かせ -

  • AWSの発展の歴史を紹介していました。数年前にデータセンターが所有していたリソースの量が、今では1日に追加するリソースの量だということで、非常にハイペースで拡大している様子が伺えました。
  • よいクラウドベンダーの条件。「継続の歴史があること」「大規模なシステムを運用している実績があること」「顧客の声を聞き、ハイペースで新機能の導入やイノベーションを行っていること」「薄利多売のビジネスモデルとして提供していること」。
  • 時期的にDRの話題が多かったです。
    • 今年の流行語大賞?「夏までに!」(DRを実現したい)という相談が多い。
    • 従来のデータセンターでは間に合わないが、AWSなら実現できる。
      • オンデマンドで数千台のサーバーを用意することもできる。
      • 物理的に離れた拠点(世界に5箇所のリージョン)を選んで配置できる。
      • 同一リージョン内でも独立した拠点(AZ)を選んで配置できる。
      • 構築後、待機系はAMIを作ってインスタンスを停止すれば、EC2の費用は発生しない。

日本のソーシャルアプリケーションにおけるAWSの使いどころ

  • 株式会社gumi CTO 堀内康弘氏
gumiにおけるソーシャルアプリのKPI

DAU課金率ARPU
新規登録数継続率 
PF導線招待フィード 

ソーシャルアプリの昔と今
  • 流入数が少なく、その大部分をプラットフォームからの導線に頼る状況である。
    • 競合するソーシャルアプリが非常に増えたことが原因である。
    • 新着アプリから落ちたら、ほぼ流入がなくなる。
      • 新着アプリに載る最初の一週間でユーザーを獲れなければ、負けが決まる。
      • 最初の一週間でユーザーを獲るために、完成度を高めてリリースする必要がある。
流入 10万人/日 5千人/日
結果が出るまでの時間 1ヶ月 1週間
リリース時の完成度 70%でリリース なるべく100%でリリース
インフラ 落ちなければヒット 落ちなくて当たり前
サーバー構成
Apache c1.xlarge
memcached m1.small
Tokyo Tyrant m1.large
  • memcachedは大容量メモリを積んだ1台に集約することも考えたが、負荷分散と冗長性を考え、m1.smallの複数台構成にしている。
  • Tokyo Tyrantは最近ちょっと悪さをしている。
  • インフラエンジニア1名で1000台近くのサーバーの面倒を見ている。
    • AMIには基本的な構成だけを組み込み、用途に応じた個々の設定はPuppetを使って自動化している。
  • 現在、複数のAZへの分散は行っていない。
    • 当初は耐障害性を考慮して複数のAZに分散していた。
    • 運用しているうちに、あるAZではサーバー負荷が跳ね上がる一方、別のAZではサーバー負荷がスカスカということがあるとわかってきたため、ひとつのAZにまとめるようにした。
RDS
  • 使い倒している。RDSに置いているデータの大きさは世界有数と言われている。
  • チューニングやバックアップを考慮しなくても良いため、インフラエンジニアの負荷が大幅に軽減される。
  • CPU性能は2ECU〜26ECU、ディスク容量は5GB〜1TBの間で容易にスケールアップできる。
    • 専用サーバーで構築すると、数年でハードが陳腐化する。当初は高性能を求めて専用サーバーで構築した筈が、数年後には専用サーバーのために乗り換えることができず、低性能で我慢しなければならないというジレンマに陥る。
  • 1日1回のバックアップ(メンテナンスウィンドウ)時やスケールアップの実行時、短時間*1だが、I/Oフリーズが発生する。Multi-AZを導入することでこれを回避できるが、コストも2倍かかる。
  • Multi-AZにより、物理的に独立した拠点でのホットスタンバイ、障害発生時にスレーブからマスタへの自動昇格による無停止運用、といった夢の機能を実現できる。これらを自力で実現しようとすると、膨大なお金と時間と手間が必要になる。

セカイカメラクラウド流儀

  • 頓智ドット株式会社 CTO 近藤純司氏
  • 同社 エンジニア 内原章氏

AWS 東京リージョン上でのソーシャルアプリの構築について

*1:スケールアップの実行では体感的に十数分程度。