読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仮想マシンにUbuntuをインストールする

新しい現場では開発環境にUbuntuを使っているので、勉強のために、仮想マシンを作成してUbuntuをインストールしてみました。

ホストOS Windows Vista Home Premium
ゲストOS Ubuntu 9.10
仮想マシンソフト VirtualBox 3.1.4 for Windows hosts(http://www.virtualbox.org/wiki/Downloads

VirtualBoxのインストール

  1. ダウンロードしたVirtualBox-3.1.4-57640-Win.exeを起動します。
  2. 画面の指示に従ってインストールを進めます。設定はデフォルトのままで問題ありません。
  3. 途中、VirtualBox登録ダイアログが表示されます。初めてインストールする場合のみ、名前とメールアドレスを入力して登録する必要があります。

仮想マシンの作成

VirtualBoxが起動したら、左上にある「新規」をクリックします。

新規仮想マシン作成ウィザードが起動します。「次へ」をクリックして先へ進みます。

「名前」に仮想マシンの名前(“Ubuntu 9.10”など)を入力します。「オペレーティングシステム」に“Linux”、「バージョン」に“Ubuntu”を選択します。

仮想マシンのメモリは、Ubuntuの場合、384MB以上が推奨されています。今回は512MBを割り当てました。

「新規ハードディスクの作成」にチェックを入れて、仮想ディスクを新規に作成します。

新規仮想ディスク作成ウィザードが起動します。「次へ」をクリックして先へ進みます。

ストレージタイプを選択します。可変サイズを選択すれば、ゲストOSが使用した分だけハードディスクを消費するため、ディスク容量を効率的に利用できます。固定サイズを選択すれば、ゲストOSに割り当てた分だけ最初からハードディスクを確保するため、パフォーマンス的にやや有利になると予想されます。今回は「可変サイズのストレージ」を選択しました。

仮想ディスクの名前と保存場所、ディスク容量を設定します。仮想ディスクの容量は後から変更できないため、できるだけ余裕をもって設定しましょう。今回は50GBを割り当てました。

「完了」をクリックして仮想ディスクを作成します。

「完了」をクリックして仮想マシンを作成します。

Ubuntuのインストール

  1. CD-ROMをセットし、仮想マシンを選択して「起動」をクリックします。
  2. Ubuntuの起動メニューが表示されたら、「Ubuntuをインストール」を選択します。

(幅300pixel)

Guest Additionsのインストール

(幅300pixel)