読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EM・ONEのSIMをD02HWで使う

最近、めっきり出番が減ったEM・ONE。PCサイトはそこそこ表示できるものの、FX会社の取引画面のように凝ったサイトはうまく表示できません。かといって携帯サイトはキャリア識別で拒否されるし、そもそもEM・ONEを使うまでもなかったり。帯に短し襷に流し、な風情。

使わないEM・ONEにお金を払い続けるのももったいないので、D02HWへの乗り換えを検討することにしました。

プラン1
EM・ONEはそのままで、D02HWを買い増し
D02HW本体(長期契約割引の適用なし) \33,980
プラン2
EM・ONEは解約し、D02HWを新規契約
契約解除料(にねん) \18,000前後
D02HW本体(新にねん) \9,980
プラン3
EM・ONEはそのままで、D02HWの白ロムを購入
D02HW本体(Yahoo! オークションなど) \13,000〜15,000

プラン3の懸念は“EM・ONEのSIMをD02HWの白ロムに移し変えて使えるのか?”ですが、調べてみたところ大丈夫そうでした。

EMOBILEのSIMには赤SIMと黒SIMの2種類があって、赤SIM(赤いemチップ)は通信専用で、EM・ONEやデータカードで使われています。一方、黒SIM(黒いemチップ)は音声・通信両用で、音声端末で使われています。

EM・ONED02HWはどちらも赤SIMで、APもembなので、何の問題もなく移し変えて使えるようです。動作報告も複数件、確認できました。集めた情報を元に推測すると、赤SIM/黒SIM、通信端末/音声端末、APの関係はこんな感じだと思われます。

赤SIM/黒SIM 通信端末/音声端末 AP 備考
赤SIM 通信端末 emb EM・ONEやデータカードの通常状態
赤SIM 音声端末 emb 赤SIMはembにしか対応していない。端末のAP設定をembに変更することで、通信端末として使えるようになるが、音声端末としては使えなくなる。つまりEM・ONEと同じ状態になる。
黒SIM 通信端末 emb 黒SIMはEMnet/embの両方に対応している。端末のAP設定を変更しなくても、通信端末として使える。
黒SIM 音声端末 EMnet 音声端末の通常状態